巨人・原監督が明かす米独立リーグ、ウォーカー獲得の決め手「ハングリーさに惹かれた」

2021年12月20日 17:10

[なんじぇいスタジアム@なんJまとめ - 読売ジャイアンツ]

抜粋

転載元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1639947107/


1: 爆笑ゴリラ ★ 2021/12/20(月) 05:51:47.68 ID:CAP_USER9
12/20(月) 5:00配信
東スポWeb

巨人・原辰徳監督(東スポWeb)

 巨人の原辰徳監督(63)が19日、新助っ人野手の獲得経緯を明かした。

 巨人は新助っ人として推定年俸30万ドル(約3400万円)でアダム・ウォーカー外野手(33)を獲得。米独立リーグで2年連続MVPに輝いたものの、メジャー経験はなし。指揮官は「(国際スカウト担当の)デニー友利君が何年か追いかけていた選手だったんですね。今回、国際部も新たスタートを切り、第一声で彼の名前を出してきました」と現場の目への信頼を明かした。

 もちろん最終決定は自身で下した。「メジャーリーガーとかそういうのではないけどね。(友利氏が)第一声に『ぜひこれを取ってくれ』ということを強く推薦して、我々もビデオを見てね」と決断したという。

 指揮官は「彼の躍動感、長打力、何よりハングリーさというものに惹かれたというところですね」と活躍を期待した。

20211220-03874781-tospoweb-000-1-view
 
https://news.yahoo.co.jp/articles/245e7ebc90d34fc3ab785047a7abd471f4fa0416

続きを読む

この記事を見る