【巨人】原監督 読書で感銘「昆虫や動物界にも人間社会と相通じる部分がある」

2021年02月27日 18:17

[永久不滅ジャイアンツ]

抜粋

1: 名無しさん 2021/02/27(土) 06:45:06.04 ID:cW5e2QZK0

 【原監督 今日の一言】巨人の原監督は蜂の世界を描いた、百田尚樹氏の小説「風の中のマリア」。昆虫や動物界にも人間社会と相通じる部分があることを知って、「こんな世界があるんだ」と感銘を受けたという。

 読書などで広げた視野、深めた感受性も采配に生きる。江戸時代を舞台とした下級武士が登場する百田氏の「影法師」には「涙が出た」と振り返り、感動した映画にはボクサーの父親と子の絆を描いた「チャンプ」を挙げていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1927e57632e1d49300e390d2949164f6f6737c97


引用元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1614375906/

続きを読む

この記事を見る