【MLB】巨人菅野、メジャー挑戦なら3年31億円が軸 米メディア「NPBで最も優れた先発」

2020年12月05日 19:40

[なんじぇいスタジアム@なんJまとめ - 読売ジャイアンツ]

抜粋

転載元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1607146696/

uUzvQ3lML_bkIqyakc1vFhcD1LjPo8yt_iUb5dR3d8r5m8rSD2r1Nf-NxZJI

1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/12/05(土) 14:38:16.44 ID:CAP_USER9
 今オフにポスティングシステムを利用し、メジャーリーグに挑戦する可能性がある巨人・菅野智之投手。通算101勝を挙げた日本のエースに米放送局「CBSスポーツ」は最低でも3年3000万ドル(約31億2000万円)が基本線になることを伝えた。


 菅野にはすでにヤンキースを含む複数の球団が興味を示しており、近日中にもポスティング申請が噂されている。今オフのメジャーリーグは例年に比べ魅力的な投手が手薄となっており「影響力のある投手が不足しているFA市場に、大変魅力的な投手が加わろうとしている」と、菅野には大きな期待が込められているようだ。

 米国では「31歳のスガノは2014年にマサヒロ・タナカがMLBに移籍して以来、日本のNPBで最も安定して優れた先発投手である」と評価されており「バウアーの求める金額を出したくない球団は、MLBでの実績がないスガノをターゲットにするかもしれない」と、メジャー挑戦なら争奪戦になることを指摘している。

 菅野がポスティング申請された場合、各球団はどのような契約を提示するのか? 記事では2019年にマリナーズと4年総額5600万ドル(約61億円 ※最大で7年契約)で移籍した菊池雄星投手が基準になると見ているが、コロナ禍により収益減となった現状から「彼の契約の上昇は制限されるだろう。それでも3年は妥当な要求で3年3000万ドル(約31億2000万円)をスガノの契約の下限」と予想している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c2fd5cf9baa66d1b0cc5746e5ed06f71a9161418
12/5(土) 11:50配信

続きを読む

この記事を見る