広岡達朗「今の巨人の選手はプロ意識が低い。原は名将なんて呼べない」

2020年09月22日 08:39

[なんじぇいスタジアム@なんJまとめ - 読売ジャイアンツ]

抜粋

転載元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1600728890/

uUzvQ3lML_bkIqyakc1vFs-Knw39CLTsfp6KpenqJJA8MAaww4_P-cS70N55

1: 風吹けば名無し 2020/09/22(火) 07:54:50.31 ID:o5sWE5Y8M
名将・広岡達朗氏(88)は厳しい言葉を送る。

「まずはもっと選手のプロ意識を向上させることです。
カワさん(川上)時代、“国鉄の天皇”と呼ばれたカネさん(金田正一氏)が巨人に移籍してきた時、お手並み拝見という態度で接した。
ところが、練習に取り組む姿勢も体のケアも想像以上にストイックで、選手はみな影響を受けた。
今の巨人軍にそうした雰囲気は感じられない。

巨人はレギュラーシーズンの優勝は当たり前で、日本シリーズで勝って初めてその年の仕事をしたと認められます。
昨年のシリーズでソフトバンクに4連敗した原を名将とは呼べません。
だから今年の日本シリーズは必ず優勝すること。

そして、巨人の監督を勇退して弱いチームの監督になって、日本シリーズで勝つことです。
カワさんができなかったことを達成して初めて、日本球界に貢献したことになる。
それでこそ、カワさんを超える名監督になれるのです」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200922-00000009-pseven-spo

続きを読む

この記事を見る