【ゲンダイ】巨人・吉川尚が練習試合欠場…二塁交代制確実でFA山田哲人獲り加速

2020年03月23日 15:20

[なんじぇいスタジアム@なんJまとめ - 読売ジャイアンツ]

この記事を見る

抜粋

転載元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1584942999/

20200323-00000012-nkgendai-000-2-view

1: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 14:56:39.84 ID:NV1KcqaZ0
巨人・吉川尚輝内野手(25)が22日、腰の張りのため、試合前練習を切り上げた。

東京ドームでのDeNA戦前、ティー打撃を行っている最中にベンチ裏に下がると、そのまま戻ってこなかった。この日の二塁は2試合連続で北村が先発。前日21日のDeNA戦で途中出場し、適時打を放っていた。

元木ヘッドコーチは「腰が張っていたから。本人は『できる』と言っていたけど、こっちからやめさせた」と軽症を強調したものの、ここにきて古傷が再発した格好だ。

二塁の開幕スタメン最有力候補ながら、昨季も開幕から11試合に出場した後、腰痛で離脱。その後、一軍に復帰することはなかっただけに、状態が心配される。古城内野守備走塁コーチがこう言った。

「今年の吉川尚は休ませながら起用? 開幕日が決まっていないので、まだそういう話にはなっていませんが、状態を見ながらになるでしょう。
五輪が控える坂本も? そうですね。今年は連戦が続く日程になるでしょうし、そういうことも考えないといけないかもしれません」

元木ヘッドは「病院には行かない」と言うが、「やっぱり吉川尚は1年間出るのは無理なのか」と首脳陣に知らしめた。

今季の二塁は、吉川尚だけでなく、この日出場した北村や湯浅ら、状態がいい選手が交代で務めることになりそうだ。さる球界関係者がこう言うのだ。

「そうなると、今年のオフのFA補強が加速しそうです。順調なら今季中にヤクルトの山田哲人が国内FA権を取得する。
原監督が『モノが違う』と能力を認める吉川尚が腰の不安を見せずに1年を通じて活躍することが、山田哲獲得を封じる唯一の条件だった。腰が万全じゃないことがはっきりした以上、嵐のオフは避けられません」

このオフは2度のFA補強失敗で、らしくなかった巨人。山田哲は史上唯一の3度の「トリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)」達成者である。今季の年俸は5億円。
もはや“金満”球団でないと抱えきれなくなりつつあるだけに、巨人は動向を注視しているのだ。

かが腰の違和感では片付けられない。これは山田哲取りを後押しする大きな違和感になるかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200323-00000012-nkgendai-base



8: 風吹けば名無し 2020/03/23(月) 14:58:03.63 ID:09lCjUrqr
パフォーマンスセーブしてドングリーズ並の成績になっても結局腰逝ってしまうんやね…
続きを読む

関連記事