【ソフトバンク対巨人オープン戦】ソフトバンクが6-3で巨人に連勝!巨人は引き分けを挟んで7連敗、10試合勝ち星なし…

2020年03月11日 21:06

[なんじぇいスタジアム@なんJまとめ - 読売ジャイアンツ]

この記事を見る

抜粋

転載元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1583927282/

254
03_11_21_02_10_167.mp4_snapshot_00.30_[2020.03.11_21.04.34]
03_11_21_02_10_167.mp4_snapshot_00.40_[2020.03.11_21.04.43]


巨人、泥沼の10試合連続勝ちなし 先発桜井が3暴投 鷹サファテは2年ぶりにセーブ

巨人先発の桜井は5安打4四球4失点で4回途中降板

■ソフトバンク 6-3 巨人(オープン戦・11日・PayPayドーム)

 巨人は11日、敵地PayPayドームでソフトバンクとオープン戦を戦い、3-6で逆転負けを喫した。これで2月23日の楽天戦で勝利して以降、オープン戦10試合連続勝ちなしとなった。

 先発の桜井が乱調だった。3回に自身の暴投で先制点を献上すると、4回には適時打と2つの暴投、犠飛で計3失点。5安打4四球4失点で4回途中で降板した。2番手で登板した育成選手の沼田が回を跨いで2イニングを無失点に封じたが、4番手の澤村が2点を失ってリードを広げた。

 打線は1点ビハインドの4回に岡本がオープン戦2号の2ランを放って逆転。7回には丸もオープン戦2本目の本塁打となるソロを放ったが、追い上げも及ばなかった。

 ソフトバンクは先発の和田が、岡本に一発こそ浴びたものの、5回まで2安打2失点と好投。わずか55球で5イニングを投げる省エネ投球だった。相手バッテリーのミスも突いて8安打で6点を奪った。9回にはサファテが登板して無失点に封じ、2018年4月12日の日本ハム戦以来となるセーブをマークした。


875: 風吹けば名無し (ワッチョイ b9be-FfQu) 2020/03/11(水) 21:01:51.25 ID:HM4nk9Rv0
三振で草

876: 風吹けば名無し (ワッチョイ 692f-drwQ) 2020/03/11(水) 21:01:50.99 ID:sPvkkWKv0
サファテ復活
続きを読む

関連記事